頑固なガスコンロ汚れ!ステンレスの掃除方法を教えて!

掃除

ガスコンロは生活の必需品。

毎日料理にガスコンロを使う人は多いと思いますが、
気がつくとガスコンロの周りのステンレスや五徳には
汚れが溜まってしまっています。

このガスコンロのステンレスや
五徳についた汚れって厄介ですよね。

 

汚れがこびりついてしまうと、
いくらタワシやスポンジでこすっても取れないし
衛生的にも良くないので、

毎日の料理も嫌になってしまいます。

 

このガスコンロの周りのステンレスや
五徳についた汚れを、
うまく掃除をする方法はあるのでしょうか?

 

ここではガスコンロの周りのステンレスや
五徳についた厄介な汚れを落とす、
掃除方法について解説をしていきたいと思います!

 

ステンレスのガスコンロ。掃除の前に知る汚れの知識

 

ガスコンロを使っていると、

どうしても周りのステンレスや五徳には

汚れがこびりついてしまいます。

 

この汚れの原因は一体なんなのでしょうか?

 

まずこれらの汚れの原因について

解説をしていきたいと思います。

 

ガスコンロの周りのステンレスや

五徳についた汚れの原因は、

主に油汚れや焦げ付きになります。

 

油汚れや焦げ付きは料理をしていると

どうしても発生してしまいます。

 

そして、すぐに掃除をすれば綺麗にすることができますが、

掃除をサボればサボるほどこびりついてしまい、

簡単には落とすことができなくなってしまいます。

 

では、このこびりついた汚れは

もうどうしようもすることができないのでしょうか?

 

結論から言えば、そんなことはありません。

 

ガスコンロの周りのステンレスや

五徳にこびりついた汚れはアイテムを

うまく使うことによって落とすことは可能です。

 

では、そのアイテムとは一体なんなのでしょうか?

 

続いて解説をしていきます。

 

ガスコンロ周りのステンレス!油汚れには重曹掃除が有効!

 

ガスコンロの周りに飛び散った油汚れには

重曹が有効です。

 

重曹といえば、ベーキングパウダーやふくらし粉など、

食品をイメージする人が多いかもしれません。

 

しかし、重曹は食品以外にも、

雑菌や除菌、乾燥剤などにも使える便利なアイテムです。

 

掃除用の重曹は100円ショップまたは

ドラッグストアに大抵売っていますよ。

 

ではなぜ、ガスコンロの周りのステンレスに飛び散った

油汚れには、重曹が有効なのでしょうか?

その秘密は、重曹と油汚れの汚れの成分にあります。

重曹は炭酸水素ナトリウムと呼ばれる

化合物で表され、アルカリ性の成分になります。

 

そして、ガスコンロの周りの油汚れは酸性になります。

このアルカリ性や酸性などの言葉

聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

重曹を使って、ガスコンロの周りの油汚れを掃除をした場合、

このアルカリ性と酸性が中和をします。

中和が起きると、酸性の成分が弱まり、

油汚れが落としやすくなります。

 

この中和は中学生の理科で習ったはずですが覚えていますか?

 

ではどのように重曹を使って、

ガスコンロ周りの油汚れを綺麗にするのでしょうか?

 

続いて解説をしていきます。

油汚れを掃除する際には、洗剤用の粉末の重曹に水を少量足して、

まずは重曹ペーストを作ります。

 

その状態でガスコンロ周りの油汚れに、重曹ペーストを塗ります。

 

そしてその上からパックの要領でラップを被せます。

それによって、重曹が乾燥をせず、

よりガスコンロの周りの油汚れに浸透をして、

中和をすることができます。

 

その状態で40分ほど放置をしたら、

ラップを剥がして、あとはタワシやスポンジで

水と一緒に拭くようにします。

 

油汚れがだいぶ落ちやすくなっているはずです。

 

五徳など洗いにくいものの場合は、桶に重曹水を作って、

そこにつけ置き洗いをしておくのも良いでしょう。

 

重曹は安価の割に効果もしっかりしているため、

ぜひ活用してください。

 

ガスコンロのステンレスの焦げ付き掃除にも重曹が使える!?

 

重曹の使い道はガスコンロの周りのステンレスの油汚れだけでなく、

実は焦げ付きにも有効です。

 

つまり、重曹一つで、ガスコンロの油汚れから焦げ付きまで

全て落とすことができます。

 

掃除方法としては、上記と同じように

重曹に少量の水を足して、重曹ペーストを作ったら、

それをブラシや歯ブラシ、メラニンスポンジなどを使って、

焦げ付きをガンガン磨きましょう。

 

もし落ちにくい焦げ付きがあったら、重曹に酢を少量たすと、

より効果的になります。

 

重曹のアルカリ性の成分の他にも

研磨作用がある成分が含まれています。

 

この二つ効果によってステンレスの焦げ付きも

ガンガン落とすことができるので、大変便利です。

 

ですので、ガスコンロに限らず食器についた焦げ付きも

重曹を使えばある程度を落とすことができます。

 

また重曹と水を1:10に混ぜて作った重曹水を

スプレーボトルに入れておけば、重曹水スプレーが完成します。

 

この重曹水を毎日ガスコンロを使い終わった後に

シュッと吹きかけて後は布巾で拭いておけば、

焦げ付きも油汚れもおさえることができます。

 

ガスコンロの掃除は毎日少しでも行った方が結果的には

厄介な掃除をする必要がなく、楽になります。

 

ぜひ重曹を常備して、ガスコンロの周りの

ステンレスの掃除に役立ててください。

 

まとめ

重曹は安価で効果も高く、

至る所で使うことができるアイテムです。

 

ぜひ重曹とともに、ガスコンロは毎日掃除をして、

ピカピカで気持ちいいガスコンロで料理をするようにしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました