「子育てが辛い…」夜泣きで疲れていませんか?

子育て

教えます!わたしが「夜泣き」を乗り越えた方法

「辛い」我が子の夜泣きに対しての
あの頃の私の本音です。

いろんなことを試してみて最終的に行き着いた、
「辛い今」を乗り切ることが出来た経験をお話しします。

今、お子さんの夜泣きに疲労困憊している方のうち、
たった一人でも、私の経験に共感し、
子育ての一助になったら嬉しいです。

通報まで!? ギャン泣きする娘に悩む日々

我が家の愛しの娘が産まれた時、

『これから待望の赤ちゃんとの新生活が始まり、
お昼は、日向ぼっこをしながら、
赤ちゃんを抱っこし、幸せいっぱいの毎日。

ぷにぷにとしたほっぺ、
ぷにぷにとしたお手手に癒される毎日なんだなぁ』

私は、こういった生活を想像していました。

しかし、現実は違いました。

産まれた直後から、
娘はとにかくよく泣く子でした。

しかも、絶叫系女子でした。

どのくらいの絶叫かというと、
子育て中のお母さん、子育てを終えたお母さんが、
あまりの泣きっぷりに驚き、
近所の方が通報したようで、
市の職員さんが訪問するほどでした。

夫は、早朝から深夜まで仕事。
県外に嫁いだ私は、
実母とは疎遠の状態でした。

産後の身体はぼろぼろ、

寝不足でふらふら、

抜け毛、シミ増加など、

沢山の変化についていくことの出来ない私は、
自分を見失いそうになり、
まるで出口のない長いトンネルにいるようでした。

そんな中、更に追い討ちをかけるように、
娘は、夫が抱くと泣き止みますが、
私が抱くと、更にギャン泣きする子でした。

泣かずに私に抱っこされているのは、
授乳の時だけでした。

働きづめの夫にお願いする訳にもいかず、
ご近所さんの目も気になる。

虐待していると疑われるのではないか、
とビクビクする日々。

あやして泣き止ませなきゃと思いますが、
私が抱くとギャン泣きする。

抱かずに暫く様子を見ると、
激しく泣き続ける一方。

この悪循環に途方に暮れ、
いつの間にか夜が来るのが怖くなっていました。

あまりの寝不足で、
授乳中寝落ちしてしまい、
可愛い我が子を落としそうになった時もありました。

具合が悪いのではないかと不安にもなりました。

あまりに泣きすぎて、
ひきつけを起こすのではないかと、
不安にもなりました。

気持ちが滅入りそうな時は、
ネットで同じ境遇の人がいないか検索しては、
一喜一憂する日々でした。

例えば、

「赤ちゃん 母親抱く ギャン泣き」

「赤ちゃん 眠る音楽」

「赤ちゃん 夜泣き いつまで」

「赤ちゃん 泣く ひきつけ」

等々。

鳴き声診断アプリも使ってみました。
とにかく自分の気持ちを落ち着かせる情報を
検索しまくりました。

でも実際は、何の効果もありませんでした。

笑えなくなった私を救った2つの言葉

そんな赤ちゃんとの生活が続く中、
疲労困憊していた私は、

自分が最近全く笑っていない

ことに気付きました。

元々、私は笑い上戸な方でしたが、
ゲラゲラ笑うことはおろか、
クスッとすら笑わなくなっていました。

これでは駄目だと思った私は、
自分の感情をコントロールさせる方法
見付けることにしました。

そんな時に、私の感情をコントロールする
心の支えになってくれた2つの名言と出会いました。

一つ目が、
産後、入院している時の助産師さんの言葉です。

ずっと安心できる母親のお腹にいた赤ちゃんは、
突然明るい外に出てきて、
戸惑っているんだと思います

この言葉を思い出し、
声を枯らしながら一生懸命泣いている我が子を見て、
妙に納得しました。

二つ目が、
中島みゆきさんの「時代」という曲です。
丁度、ラジオで流れているのを聴きました。

夜泣きの激しかった当時も今も、
子育ての壁にぶつかった時は、
この歌詞を思い出すようにしています。

この歌詞を思い出すことで、
『これから先の娘との未来、
今この瞬間の思い出が、悲しい記憶ではなく、

そんな時代もあったね

と、笑い合える記憶にしておきたい。
だから、くよくよせず、
今日は、今日の風に吹かれよう

そう思えました。

そうやって感情をコントロールしてきました。
娘も成長し、この歌詞通り、
私が抱くとギャン泣きしていたあの頃のことも、
今では笑い話になっています。

実は、冒頭に書いた「辛い」という本音は、
ここで初めて表出しました。

当時の私は、

・世間には仕事で寝不足の中、
子育てをしている母親がいるのに、
仕事をしていない自分は甘えているのではないか

たった子供一人なのに、
甘えていると思われるのではないか

・母親が「辛い」と口に出すと、
泣くことでしか表現出来ない赤ちゃんの存在を、
否定することになるのではないか

などと考え、
「辛い」の一言を口に出すことが出来ませんでした。

そんな私が、二つの名言と出会えたことで、
本当に救われました。
なんとなく「辛い今」を、
乗り越えられるような気がしたのです。

どんよりして、
笑わないでいることが馬鹿らしくなり、
暗いトンネルに光が見えました。

それから笑う機会も増え、
子供もよく笑うようになりました。

赤ちゃんの夜泣きで悩み、
疲労困憊しているあなたへ。

最近笑えていますか?

もしかすると私のように、
あなたの周りの誰かが言った言葉や歌詞など、
身近な中で、
妙に納得出来て、心の支えになっている名言が、
潜んでいるかもしれません。

今まさに夜泣きのため寝不足で、
ご近所の目にビクビクしながら
生活をしている方もいると思います。

本当に毎日お疲れ様です。

そんなあなたも、

いつか笑って話せる日がきますように。

タイトルとURLをコピーしました